どうしても鮮明に記憶に残ってしまう瞬間。他の人がどうだか知らないけれど、わたしにはそれがありすぎる。うまくいかないし、どうしようもないものね。このように、わくわくすることやどきりとしていることを知っているのは自分だけなのでした。くっくっく、と笑みを浮かべているよ。おやすみなさい。

0コメント

  • 1000 / 1000